コラム一覧

良い人材を採用するために経営理念を浸透させる

2020年06月29日

ジーキューブパートナーズの島田です。


本日は理念を組織に浸透させることについてです。



現在日本は生産人口以上に仕事が溢れている時代です。

たった今現在はコロナ禍により人で仕事が不足し、今現在は人手余りになっているかもしれませんが、これも一時的なことです。

そのため、なかなか良い人材が採用できないと悩んでいる経営者も多いと思います。




良い人材を採用するためには経営理念とビジョンで人を惹きつけることが必要です。

今、新卒である1996~2012年に生まれたZ世代の若者は、生まれた時から必要なものが揃っている世代なので、「より良い生活をするために働く」「少し無理してでも稼いでいきたい」と思う人が減っています。



より稼ぎたくないのか?

より良い生活をしたくないのか?



内心こう思っている経営者や上司も多いことでしょう。




しかし、そういった人はどんどん減っています。

今はスマホやゲームなどの娯楽が溢れ、無理しなくても楽しい生活があるからです。

最低限の生活固定費が賄える給料があれば十分なのです。




では、会社としてはどうすれば良いか。

それは、冒頭でもお伝えした通り、経営者の経営理念やワクワクするビジョンを伝えて人を惹きつけることです。

「無理して頑張らなくても良い」「そこまでお金は必要ない」と思っている人でも「人の役に立ちたい」「喜んでもらいたい」と思わない人はいません。

むしろ、自分のためよりも、人のためになら多少無理してでもやっていきたいと思っている人が多いのです。




この仕事をすることがどれほど人に喜ばれることなのか、伝えているでしょうか?

経営者が何故仕事を頑張っているのか伝えているでしょうか?



私は、経営理念を組織に浸透させるために以下の内容を従業員に伝えるというワークをしています。

①経営者自身の生い立ちを振り返る(印象に残っている出来事、家族)

②経営者の人生における転機(社会人になる前と後)

③経営者が昔影響を受けた人(良いことも、悪いことも)

④以上により醸成された大切にしている価値観




また、3年後、5年後、10年後といったワクワクするビジョンを伝えて「一緒に頑張っていきたい」と思ってもらえることも大切です。

どんなことをしたいのか、ビジョンを伝えているでしょうか?

何をしたいか経営者自身がワクワクしているでしょうか?




良い人を採用するには、会社のソフト面のレベルを上げることが必須です。

良くも悪くも会社はトップ次第。

経営者は理念やビジョンを伝え続けていきましょう。




島田の過去のコラムはこちら


株式会社ジーキューブパートナーズ

〒104-0045 東京都中央区築地3-14-5 築地備前橋ビル3階

HP:https://g3-p.co.jp/

Mail:info@g3-p.co.jp

GoogleMap:http://urx2.nu/FVzF

Facebook:https://www.facebook.com/g3partners0508/

お問い合わせはこちら:https://g3-p.co.jp/contact