コラム一覧

一客再来、そして、千客再来へ

2021年04月12日

G cube partners の青野です。



今回は「一客再来、そして、千客再来へ」というテーマで書きたいと思います。



「千客万来」は言い古された言葉ですが、入れ替わり立ち替わり多くのお客様が来ることを言います。それに対して「一客再来」とは同じお客様に何度も足を運んでいただくこと、繰り返し活用していただくことを言います。



マーケティングの成功原則の一つに「絞り込み」があります。


皆さんもご存知の通り、総花的に何でも出来るというということでは顧客支持が得られません。対象は絞り込むことによってはじめて、より深くその市場や顧客を知ることが出来、ニーズ対応力と提案力を高められるということです。

小売り、サービス業などの一般消費者向けのマーケティングで「知人客、友人客、信者客」という言葉をお聞きになったこともあると思いますが、対象を絞り込むことで満足度を高め、リピーターになっていただき、関係性を深めていこうということです。



皆さんの会社ではいかがでしょうか?
「絞り込み」による強みの発見、開発は出来ているでしょうか?



もし自社の市場、顧客、サービスが総花的になってしまっている会社は、今一度、自社の強みを分析し、掘り下げていくことをお勧めします。

自社の強みは自社の売り上げ構成比の高いサービス、利益率の高いサービス、自信のあるサービスのいずれかです。
言い換えると「ツキ」のあるものです。

売上向上を図る際には客数増と購買頻度増の二通りがありますが、強みの不明確なところに大きくコストをかけて客数増を図っても一時的な効果しか見込めません。(集客、販促が無駄だと言っているのではありませんよ。誤解しないでくださいね。)

ツイているものを伸ばすというのが業績向上のコツなので、まずは自社のツキのあるサービス、商材を明確化し、徹底的にブラッシュアップしていきましょう。

強みの深耕と徹底的なカスタマイズでまずは「一客再来」を目指しましょう。そして、提供サービス、対応領域を「他社のやらないレベル」まで磨き上げ、オリジナリティーを高めていきましょう。



「人と一緒なら一番になれ!超一番を目指せ!」と先日、師匠の勉強会で改めて教えていただきました。

厳しい競争環境下においては、やっていることが人並みレベルではいくらやっても勝てないということです。



まずは自社のツキのあるものを見つけ出し、強みとしてブラッシュアップし、一客再来を目指しましょう。
そして、それを水平展開していき「千客再来」にしていきましょう。



強み、ツキがあるものが見当たらないという会社は、まず、求められることについては対応し、挑戦することで新たな可能性の発見に繋げていきましょう。

超専門家、超プロしか生き残れない時代が来ています。

限られた経営資源をより効果的に活用するためには「絞り込み」は不可欠です。
そうすることで、より良い会社、顧客にとって「楽正早安」を感じてもらえるサービスを作っていってほしいと思います。



~自分のために、相手の立場に立って、最後の一念で良い仕事をし、大きな成果をあげよう!~
~全ては自分が起点です。自責の考え方で、感謝の気持ちを忘れずみんなで豊かになろう!~



今回はここまで。



青野の過去のコラムはこちら




株式会社G cube partners

〒104-0045 東京都中央区築地3-14-5 築地備前橋ビル3階

HP:https://g3-p.co.jp/

Mail:info@g3-p.co.jp

GoogleMap:http://urx2.nu/FVzF

Facebook:https://www.facebook.com/g3partners0508/

お問い合わせはこちら:https://g3-p.co.jp/contact