コラム一覧

日本国内で優秀な外国人材を採用できる特定技能ビザ

2021年03月29日

G cube partnersのファンです。





コロナの影響で帰国できない技能実習生が増え続けています。

2021年3月の時点で帰国できない技能実習生は約38,000人と言われています。

帰国できない技能実習生 約3万8000人 – Needs (needs-you.com)

その影響で、特定技能ビザに切り替えを考えている実習生が多いです。

そのために、今は特定技能ビザに当てはまる人材を採用するのには、とても良いタイミングです。

海外の現地まで面接に行かなくても、日本で優秀な外国人材を採用できます。

人材採用を考えている会社は、是非このチャンスを活かしましょう。





1.採用活動におけるメリット

・応募する人数が多く良い人材を選定しやすい

・実習を終了した実習生が、帰国せずにそのまま特定技能に切り替えられる

・日本で面接するとビザ申請をするので、時間が短くなる

・現地までの飛行機代と内定者の飛行機代がかからない

このように、費用面や時間の面でメリットがあります。





2.最低でも3年間を日本で過ごした経験があるメリット

・日本語 → 最低でも3年間を日本語で日常会話ができ、設備や機械、専門用語などがわかっている

・生活 → 日本で3年間を過ごしたので、ある程度の日本での生活マナー、習慣、仕事のルールが納得している

・仕事 → 3年間~5年間の経験があるため、即戦力となる

実習生の場合は、日本語によるコミュニケーションを取ることが難しく、生活マナーから仕事のルールまで教えないといけないのですが、特定技能の場合は心配は少なくなります。





3.特定技能で採用した後にすること

・仕事の教育

実習生として働いていた会社とは、教育の仕方が異なるため、3年間(5年間)の経験があってもすぐ慣れない部分もあります。そのために、会社のマナー、規則、注意点などを教えると良いでしょう。

ただし、経験があるため、1か月~2か月くらいで研修をすれば、十分戦力化が出来ます。

・日本語教育

一般的な日常会話、業種の専門用語がわかっても、会社ごとに異なる言葉の使い回し、表現言葉、専門用語も積極的に教えていきましょう。

・その他、ビザ申請、住居、生活オリエンテーション、送迎などを行う必要があります。その際は、行政書士や登録支援機関に任せましょう。





技能実習生の給料は、基本給から保険料、年金、寮費、光熱費などを引き、手取り給料は10万~12万円くらいです。

実習生の立場からすると特定技能になれば給料が高くなり、長く日本で住めるようになるため、喜ぶことが多いです。

実習生が3年間家族と離れ、日本に仕事をしに来ましたが、コロナを負けずに、日本で働き続ける方はかなり優秀な人材だと思います。

今採用するのには、損がなく、良いタイミングですので、是非検討してみてください。




ファンの過去のコラムはこちら







株式会社G cube partners

〒104-0045 東京都中央区築地3-14-5 築地備前橋ビル3階

HP:https://g3-p.co.jp/

Mail:info@g3-p.co.jp

GoogleMap:http://urx2.nu/FVzF

Facebook:https://www.facebook.com/g3partners0508/

お問い合わせはこちら:https://g3-p.co.jp/contact