コラム一覧

実習生が犯罪を犯さないように注意すること

2021年03月01日

最近、新型コロナウイルスの影響で仕事がなくなった実習生がかなり増えております。

母国で暮らす家族に仕送りができなくなり、違法な賭博でお金を増やそうと思っている実習生が増えているようです。

このようや犯罪行為、犯罪グループに関わらないようにするためには、管理団体や企業の方の協力することが必須となります。

以下の内容を気にするようにしましょう。




1. どんなギャンブルがあるかを知りましょう。

– サッカーの勝敗

 → インターネットでサッカーの結果にお金をかける。勝負チームにかけ、お金の2倍を得られる。

– 「ソック・ディア」

 → 奇数と偶数があり、どちらに当たると2倍を得られる、当たらないとかけたお金が無くなる。

– トランプ

 → 3枚ずつ配布し、点数が多い人が勝ちます。点数が低い人はお金を取られる。




2. ギャンブルで負けたら、どんなことが起きてしまうのか

– 給料を使いきってしまい、家族に仕送りができなくなる。

– やる気がなくなり、無断欠勤をするようになる。

– 生活ができず、コンビニ、スーパーなどで万引きをする。

– 手元にお金がなく、友達や親戚にお金を借りる。

– 借金返済ができず、マフィアからのお金を借り、毎月高い利息を払わないといけなくなる。

これらのことは実習生の失踪する原因となります。




3. ギャンブルに巻き込まらないように確認しましょう。

– 仕事のやる気や態度を必ず確認する。

– 同居している実習生などに状況を確認する。

– 大人数を採用する会社は実習生同士でギャンブルを行う可能性がありますので注意する。

– ギャンブルに関してきちんと日本のルールや会社のルールを伝える、実習生の寮にもルールを貼り付ける。(日本語と母国語)

– 定期面談や巡回をする際に、ギャンブルに関して注意するように伝える。

– 実習生の様子をいつでも確認できる環境を作る。




犯罪グループは、Facefook,zalo,viberなどで実習生を誘いケースが多いので、ギャンブルに興味がない人でも巻き込まれる可能性があります。

浅い考え方がなくすために、本人の努力だけでなく、企業や管理団体の指導、フォローが必要だと思います。




ファンの過去のコラムはこちら







株式会社G cube partners

〒104-0045 東京都中央区築地3-14-5 築地備前橋ビル3階

HP:https://g3-p.co.jp/

Mail:info@g3-p.co.jp

GoogleMap:http://urx2.nu/FVzF

Facebook:https://www.facebook.com/g3partners0508/

お問い合わせはこちら:https://g3-p.co.jp/contact