コラム一覧

代表取締役 青野の紹介(その1)

2019年06月09日

こんにちは、株式会社ジーキューブパートナーズ代表取締役の青野です。


平成26年5月8日に株式会社ジーキューブパートナーズを設立して早くも丸5年が経過し、6期目に入りました。初回のブログでは3回に分けて、私の経歴を簡単にご紹介させていただきます。



私は大学を卒業して新卒で株式会社船井総合研究所に入社しました。船井総研との出会いは私が高校生の時にケガで入院しているときに友人が暇つぶしに持ってきてくれた本の中に船井総研の創業者である舩井幸雄さんの本がありました。


経営コンサルタントという仕事があるのを、その本で知り、読み終わったときには単純ですが、船井総合研究所でコンサルタントになると心に決めていました。


その後の大学生活でも船井総合研究所のコンサルタントになりたいという思いは継続し、就職活動ではコンサルティング業界に絞って活動。見事(?)船井総合研究所の内定を得、入社することが出来ました。


希望通りの会社に入社出来たものの順風満帆に進むわけもなく、私は流通業のコンサルタントになりたくて船井総研に入社したのですが、当時は新人の配属希望などは聞き入れられる風土ではなく、いくつかの部署を経験させる新人ローテーションを経てトラックチームという運送会社向けのコンサルティングチームに配属されてしまいました。


希望と違う部署に配属され非常に落胆したのを覚えています。


流通業のコンサルタントになりたかった私は希望とは違う運送業専門のチームに配属され、配属当初はモチベーションも低く、能動的には動いていませんでした。

辞めてしまおうかと考えたこともあり、配属2ヶ月くらいはグズグズと言われたことだけをこなすグータラメンバーになっていました。


しかし、いつまでもグズグズしていても楽しくないし、仕方がないと思い、3年間必死でやれるだけのことをやってみて、その上でやはり面白くないと感じたら転属希望、もしくは、転職しようと腹を決め、頑張ることにしました。


3年間がんばると決めた理由は、新卒で入社して1~2年で辞めてしまったら使い物にならないヤツとのレッテルを自ら貼ってしまうことになると考えたからです。


運送業との関りは学生時代に冷凍食品をスーパーマーケットにルート配送するというアルバイトをした以外にはなく、本当に一からのスタートでした。


業界用語も全く分からないままスタートしましたので何とか言葉くらいは理解できるようにならないと仕事にならないと思い、部署で購読していた業界紙を読んだり、「よくわかる運輸業界」という本を買って読んだり、先輩が勉強会やセミナーで使用するテキストに片っ端から目を通したりと空き時間をフルで活用して出来ることから取り組み始めました。


(次回に続く)



株式会社ジーキューブパートナーズ

〒104-0045 東京都中央区築地3-14-5 築地備前橋ビル3階

HP:https://g3-p.co.jp/

Mail:info@g3-p.co.jp

GoogleMap:http://urx2.nu/FVzF

Facebook:https://www.facebook.com/g3partners0508/

お問い合わせはこちら:https://g3-p.co.jp/contact