コラム一覧

留学生や技能実習生がギャンブルに巻き込まれないように注意する

2020年08月10日

ジーキューブパートナーズのファンです。



今週のコラムは外国人を狙ったギャンブルについてです。



国内で新型コロナウィルスの影響で失業してしまう実習生や留学生が増えています。

そして、収入が無くなってしまったため、お金を稼ぐためにギャンブルをやり始める外国人が増えているようです。



実際に先月、ギャンブルに関して事件が起きました。

仕事を失ってしまった外国人が集まり、お金を賭けてギャンブルをしました。

結果的に22万円の借金してしまった技能実習生が返済できずに、暴力事件を起こしました。



このようなトラブルが増えているため、外国人の従業員を雇用している人は、自社の従業員がこのようにギャンブルに巻き込まれないように注意することが必要です。



1.FacebookなどのSNSの投稿に目を光らせる

技能実習生や留学生はFacebookを使っている人が多く、日々色々なことを投稿しています。

投稿した内容を見ていれば、お金に困っているか、借金をしているかなどがわかると思います。

また、どんな人と交流を持っているのか、悪い人たちと交流を持っていないかなども見ることができます。



2.定期面談の際にお金に困っているかなどを聞きましょう

技能実習生や留学生でも、定期面談を行っている会社は多いと思います。

定期面談は必ず1対1で行い、日々の生活する上で困っていることはないか、お金に関して困っていることはないか、などについては、必ず聞いておいた方が良いでしょう。



3.ギャンブルについて会社のルールと日本法律をきちんと伝えましょう。

技能実習生は、日本に来るために銀行と親戚から借金をしてきた人が多いと思います。

そのため、一日でも早くお金を返したいという思いが強いため、借金を返すためにギャンブルに手を出し始めてしまうことが多いようです。

そのため、入社の際に、ギャンブルについてきちんと会社のルールや日本の法律について伝えた方が良いでしょう。


どれも簡単に取り組めることですので、是非とも自社の従業員がギャンブルのトラブルに巻き込まれないようにしていただきたいと思います。



来日する外国人は20代と20代未満の人が多いです。

家族と離れて、日本で生活するといろいろな悪いことに巻き込まれやすい年代です。

そのため、悪いことに巻き込まれないように会社の方からもチェックすることが必要だと思います。

怪しいと疑いを感じたら、すぐに管理組合、母国の送り出し機関、家族に連絡して、確認しましょう。



ファンの過去のコラムはこちら




株式会社ジーキューブパートナーズ

〒104-0045 東京都中央区築地3-14-5 築地備前橋ビル3階

HP:https://g3-p.co.jp/

Mail:info@g3-p.co.jp

GoogleMap:http://urx2.nu/FVzF

Facebook:https://www.facebook.com/g3partners0508/

お問い合わせはこちら:https://g3-p.co.jp/contact